膝の痛み

香里園にお住いのみなさまへ、こんなお悩みはありませんか?

膝が痛い女性のイラスト

  • 階段の上り下りをするとき膝に痛む
  • 膝を曲げると痛い
  • ランニング中にだんだん膝が痛くなってくる
  • 膝を痛めてから違和感が続く
  • 膝痛を緩和させたい

膝痛が起こる原因とは

施術をしている様子一般的に、膝痛が起こるメカニズムとして使い過ぎや加齢、体重の増加が原因で膝軟骨がすり減り、痛みや変形を起こしていることがあります。

膝は、関節包、靭帯、関節軟骨、半月板など、複数の組織が重なり合って成り立っています。
それらの組織は柔軟性があり膝に負担がかかると縮みやすく、膝の動きが低下してしまいます。
もともと、歩く動作をするときは、膝だけを使って歩くということはせず、必ず股関節や足首などと連動し歩いています。

膝の動きが低下するということは、関節との連動が上手くいかないために、膝には負担がかかり続け、痛みとなって表れると考えています。

膝の痛みは、2通りに分けられます

膝が痛い女性のイラスト膝痛は、急性の痛みと、慢性的な痛みの2通りに分けられます。
急性の痛みは、日常生活の中での身体の使い方や、スポーツを行っているときに起こる怪我が主な原因です。

長引く痛み、慢性的になっている膝痛は、普段の姿勢や歩く姿勢から起こっていることが多く、足首や膝の関節の動きが悪くなってることが考えらます。
関節の動きをカバーするために筋肉が無理に働くため、膝には大きな負担がかかり、ちょっとしたことで痛みやだるいといった不調が出やすい状態になっていることがあります。
また、悪い姿勢でのスポーツ(ランニングなど)や筋トレを続けていても、痛みが起こる場合があります。

膝だけに起こっていた痛みが、股関節や足首の痛みへと悪化することもありますので、適切な対応をすることが大切です。

繰り返す膝痛にお悩みの方へ

膝痛に悩まれている方の中で、昔スポーツをしていたことや、交通事故に遭って膝や関節を痛めたということはありませんか?

その時、しっかりと固定をしたり適切な施術を受けられていないと、当時は痛くなくなったのに、しばらくするとまた痛みやだるさがでてきてしまうこともあり得ます。
時間が経って痛みがなくなったというよりは、一時的に筋肉や関節の炎症がおさまっているだけで、膝の状態を整えない限り、痛みを繰り返す可能性が高まります。

ふわり整骨院の膝痛に対するアプローチ方法

施術をしている様子膝の外側の痛みや、内側の痛みなどお一人おひとりの状態は異なりますので、しっかりとカウンセリングと検査を行います。

膝の関節がどのくらい動き、今どのような状態になっているか、腫れてはいないかなどを把握することから始めています。
そして、痛みが起こっている本来の原因を探し、手技やグローブをつけて優しく手を添える電気施術(トリニティウェーブ)を行い、関節可動域を広げていきます。

関節可動域を広げることによって股関節と、足首、膝関節の動きを作っていきます。
関節の動きを取り戻し、筋肉への負担を減らすことで、膝痛の緩和やそのほかの部位に起こりえる不調を事前に防ぐということを目標にしています。